読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりがあつまって、みんなになる

福岡のイラスト作家あべしほのブログです。

積年の悩みにサヨナラを――来世に持ち越さないぞ、脚が太い問題

わたしには長年の悩みがあります。自分をオープンににするためにここにさらけ出そうと思います。

 

わたしは脚が太い

脚が太いのが気になるんです。気になりつつも…わたしの脚は細くはならないだろう、なぜならわたしの脚だからだ。という感じでほぼ諦めていました。わたしがデニムのショートパンツを穿いて、ハイヒールで街を闊歩することなど今世では無理で、せめて体型にあったスキニーパンツでごつさをごまかしながら生きていくしかないと思っていました。

 

f:id:abesanlife:20150605220816j:plain

そんなときに転機が訪れた

こちらの本です

ハイパフォーマー思考 

ダイエットアカデミーの上野啓樹さん著作。

 

脚痩せと同時に、とにかく食べることに関する執着を断ち切りたい。そう思って、とにかく食べない、を実践し、なんと一週間で3kg落ちました。それから3週間かけてもう1kg落とし、合計4kg減りました。

食べることに関する執着は、完全ではありませんが落ちました。わたしは喜びました。4kgも痩せたわ…!

 

しかし厳しい現実が

 

わたしは喜々として鏡の前に立ちました。そしてがっかりしました。

なぜなら脚の形が気に食わないからです。

 

そりゃあ4kg落ちる前よりかは細くなったかもしれない。でも、太ももの前と横は張ったまんまだし、膝の上は丸いし、ふくらはぎはごついし、足首も太い。

 

気 に 食 わ な い !

4 k g も 落 ち た の に ! 

 

そのうえとくに誰からも痩せたことを言われないというかなりの孤独感でわたしはがっかりしました。

あぁ、わたしは体重が落ちても、痩せないんだわ…と。

 

がっかりして、でも諦めきれない脚痩せ。八方塞がりで悩んだ。

どうせ細くならない。でも、このまま諦めるのもいやだ。悶々として食べることに対する執着がムクムクと沸くなか、わたしは得意の自己分析を始めました。

脚が太いままだとなにが得なのか?脚が細くなると何か損するのか?

 

…それは驚きの結果!脚が細くなったら、何か始めよう、と思っていました。何かは内緒だけど☆それがしたくないから?先延ばししたいから?そっか…

でもまだ悶々とする。別にそれをやるとかやらんとかはこの際どうでもいいわ。

わたしはただ、引き締まった細い脚にショートパンツとハイヒールでその辺をぶらぶらしたいだけなのよ!!!!

 

そんな屈折した思いを、たまたまFacebookで見かけたナリさんという方の投稿に書き込んでしまった。 

 

www.facebook.com

 

わたしは自分以外の誰かに脚が太いことに関する悩みを話したことはあまりないので(痩せたい、は常々言ってますが)、なんだかスッキリしていたところ、ものすごい素敵なお返事をいただきました!

 

ちょっと長いけど、転載させていただきます↓


物理的なことってもう「やるか」「受けいれるか」しかないんすよねー。


受け入れたくないなら、やるしかないんすよねー、

例えばもし、この地球に筋肉質なのに足が細い人が一人もいないのだとしたら、

もうそれは物理的に不可能なので諦めるしかないですよね。

でももし、
この地球に一人でも、筋肉質なのに足が細い人がいるのであれば可能ではあるってのことですよねー。(数億人はいる思いますwわかんないけどw)

じゃーそれをとことん調べたか?って話してで、直接何回も聞いたか?って話しで、教えてもらったか?勉強したか?って話しで。

してないのに悩んでるんだとしたら、それって「悩んでる今の状態のほうが得してる」からでしょうし、

「やってるのに!」だとしたらそれはタイムラグの最中でしょうし。

ダイエットして次の日に10kg痩せるのは不可能だけど、ダイエットを続けてさえいえれば10kgは確実に痩せるわけで、タイムラグは必ず起きますね^ ^

まずは自分がどの状態にいるのかは把握するのがええかと。

その上で、

・悩むことで得してることをこれからも得し続けるのか

・タイムラグに突入するのか

を決めたらええんじゃないかと思います。

で、
このタイムラグに突入したときに、「○○でも、いいや」って考え方が生きてくるんすねー。

どうやって足を細くするのか知らないのであれですが、

例えば
・惨めでもええや
・恥ずかしくてもええや
・バカにされてもええや

と他人目線を一旦置いておく、だって自分はもうすぐ細い脚になるんだから、あはははは。

って思えてくるんだと思いまーす。

卑屈になる
拗ねる
自分を責める

自分を卑下する

ことに慣れると、

「楽して辛い」を選びやすくなる気がしますねー
 

 

ふぉぉ!

こちらを読んだあと悩むのがアホらしいなと思いました。

 

わたしの脚の現状

・そこまでガチでやってない可能性がある(食に対する執着がひどい)

・タイムラグの可能性がある(筋肉でガッチガチの脚はまずマッサージだそうですが、その効果が現れるのは…いつかなぁ)

 

わたしの気持ちの現状

・どうせ痩せないならもういいもん。好き勝手食ってやるわ。どうせ誰からも言われないし。痩せたら痩せたでいろいろ大変やし。きついし。

・今世では無理。来世に期待しよう。誰か脚替えてくれんかな。

 

どうせ…と思いながら、すぐに変わることを求めていた。

なんとWAGAMAMA☆

 

小学生の時から太かった脚さんは、中高大の卓球部生活でさらに鍛えあげられ、社会人になってエアロビクスを始めてから少しバランスが良くなったものの、13年間の卓球部生活のいろんな思い出とともにこの形をしているわけで。

 

それが、数週間で変わるはずないかなー、って。

最初のハイパフォーマー思考の上野さん曰く、ダイエットは短期集中で終わらせよう、だそう。わたしにはものすごーく合ってるんだけども、脚の形だけは、短期じゃ無理なのかな…

 

今後はこの悩みをオープンにすると共に、いろんな人に脚を細くする技を聞いてまわりつつ、気長に努力しようと思いました。

美脚は1日にして成らず!!!でも絶対なる!!

f:id:abesanlife:20150605220847j:plain

↑上のイラストの続きw

 

…足細くならなくっても、わたしはわたし☆

って思えないけど、書いとこう。笑