読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりがあつまって、みんなになる

福岡のイラスト作家あべしほのブログです。

滝行をしてきました~力を抜くためには、思い切り力を入れないとわかんない~

滝行をしてきました。

 

昨年10月に続いての2度目ということで、期間はあきましたが勝手もわかるので安心して伺いました。

滝行とは

その名の通り、滝に打たれる行です…

友人が毎月行っているので、誘っていただきました。

 

滝行と言えば、でっかい滝の滝つぼに入ってめっちゃ打たれるのをイメージするかもしれません。

でもそんな危険なことはしないようで(笑)、今回の滝行は本流から3本のパイプで流れをいただいて、その下に入るというもの。

 f:id:abesanlife:20160714233209j:image

ただ前日までの大雨で、流れの一部とはいえすごい勢いになっていました。

 

滝に何を求めるのか

何を思って滝に打たれにいくのか。はじめ、わたしはよくわかりませんでした。何かを求めているんだろうけど、何かわからない。

滝に入る前に、観音様にごあいさつをしたり、たくさんのお地蔵様にろうそくと線香をあげたりします。

たくさんのお地蔵様のなかで、剣を持って、こわい顔をして仁王立ちしている不動明王様がよく目につきます。

 

どうやらわたしは、強くなりたいようだ。

 

迷ったり悩んだりする。立ち止まる。うだうだする。そんな自分と決別したい。

そりゃ、悩むことだってあると思うよ、でも!とにかくやるんだっていう強さがほしいな…

できないこととか、できないと思うことの前に立った時に、えーいって進めるちから…

 

いろいろな思いを抱いて、滝に入る

それで、滝に入る順番になって、いろいろ手順を教えていただいて入ります。

 

ぐわっと、後ろから押される。すごい勢い。

負けないぞーー!絶対やるぞーーー!って、水しぶきの中で叫んだ。

水の勢いに負けないように、足は踏ん張って、肩にも腕にも力を入れて。

 

叫び終わって、ふっと力を抜いたとき

 

あれ、なんかめっちゃ気持ちいいな って気づいた。

 

後ろから押される滝に寄り掛かるように、力を抜いているとふわりふわりとして心地よかったのです。

 

 

ありゃ、力入れる必要なんかなかったな(笑)

 

 

でも、力を入れないと、滝には入れなかったわけで(弾かれちゃうから)。

 

 

物事がうまくいくときとは

 

力を抜いて、流れに任せればいいってわかるためには

力を入れまくって、自分で力づくで進もうとするときも必要。

 

自力と他力。裏表なんだなって。

 

最初から流れに任せててもうまくいかない。最後まで自分でやろうとしてもうまくいかない。

 

物事は、うまい具合に、できているな、と気づいた

今回の滝行でした。

 

 

みえないもののちからは 思った以上にすごい。