読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりがあつまって、みんなになる

福岡のイラスト作家あべしほのブログです。

ひとが物理的な変化に対応するには、3ヶ月かかる

ひとが、身の回りの環境や見た目などを変えて、それに気持ちがついてくるには3ヶ月くらいかかる、ということを体験したので書いてみます。
 
 

みなさんはお気づきでしょうか?

 
わたしの分身「あべさん」の髪型が変わったことに…!
f:id:abesanlife:20160707215403j:image
 
わたしは3月23日に、何年か同じだった髪型を大きく変えてショートカットにしました。その1ヶ月後にはパーマをかけてみて、いまではショートカット人生を楽しんでいます。
 
しかし、当然ですが、切ったばかりのときはなんだか違和感であふれていました。
 
短い前髪。耳が見え隠れ。今までは半分くらい隠れていたほっぺたが、全部出ている…。担当のイケメン美容師さんはとっても上手なので、髪型はすごくイイんですけど、なんかこの、変わっちゃった感になかなかなじまない…。
 
 
それは、内面も同じでした。
 
 
わたしはときどき、自分の思ったこと感じたことをイラストにしますが、イラストの中の自分も、まだ髪を切ってるイメージではなかったのです。
 
ショートカットにすると、なんか違和感があった。
なので、しばらくそのままの髪型で、自分の姿を描いていました。
 
 
ところが、ほんのちょっと前、なんとなく自分のきもちを描こうと思ってペンを走らせていたら、そこにいる自分がショートカットになってたのです。
 
 
あ、気持ち的にもショートカットになったんだなぁ、と思いました。
 
 
髪型を変えよう、と思ったのはなんとなくで、まぁずっと同じ髪型だし、イケメン美容師さんは切るの上手いし、なんか任せてみよっかなみたいな軽い気持ちでした。
 
でも、実際切ってみるとすごく気持ちも変わったんだなと、気づきました。
どんどん、自分の新しい面を見つけてる感じがします。そして最近、そんな自分に気づいたというか…。
 
 
 
 
自分を変えるメソッドに、身の回りを変えるとか、服装を変えるとか、外側からアプローチする方法があります。
わたしも服装を変えてみたりしてみたけど…なかなか続かないんですね〜
 
3ヶ月ということはワンシーズンですワンシーズン、ずっと今までと違う服装をするのって、けっこう辛いですよね。手持ちの服も着ないと、なかなか回らないし…
 
その点、髪型を変えるというのは、一回変えると元に戻らないし、強制力があっていいんじゃないですかね〜
 
 
今度美容院に行くときは、そんな願掛けをしながら、髪型を変えてみてはどうでしょうか。
 
美容師さんオマカセがしたいなら、わたしの担当のイケメン美容師さんを紹介してあげますよ……(・∀・)