読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりがあつまって、みんなになる

福岡のイラスト作家あべしほのブログです。

心の穴を埋めるよりも、もっと心をふくらませるために、なんかしよう。

欠乏感、という言葉がふっと浮かんだので、思うことを書いてみます。

 

最近、欠乏感からものを選ぶことがなくなったなぁ~と思いました。欠乏感とは、「なんか足りない感じ」のこと。自分に何かが足りないから、足そうとして、行動することが(完全にゼロではないけど)減ったな、と。

 

5年前くらいかな、読書家で努力家だった(過去形w)わたしが初めて自己啓発本を手にしたのは。そっからいろいろと勉強になるなあと思ってたくさん本を読んで、ついにセミナーに行ってみました。

 

当時のわたしは世間知らずでなにもない自分が嫌で、でもなんかしたいと思っていて、なにかが足りないけどなにが足りないのかはわからず、手当たり次第行動していました。

 

結果どうなったかというと、お金と精神力を使い果たしてギブアップしました(笑)

 

それから2年くらい、とにかくなにもしなかった。セミナーにも行かず、自己啓発本も読まず。本は好きなので、好きな作家の本は読んでたけど、あとは雑学な本とか、宇宙の成り立ちとか、歴史とか生物の本を読んでぶらぶらすごしました。

 

そうしていると、絵が描きたいなぁと思って絵を描き始めた。

 

それから1年。やっと、「足りない」自分から脱却したかなあと思います。

 

欠乏感から動くことも、悪くないんです。必死で行動することって大事。行動しないことには、なにも見つからないし。でも、足りない感じで動くのと足りてる感じで動くときに決定的に違うのは、余裕です。

f:id:abesanlife:20160129222526j:plain

足りない感じで動いてるときって、何もかも大事に思えるんですよ。自分がゼロすぎるので、全部がすごいし、全部が必要に思える。だから、いいよと言われたこと、いいと言っている人に流されてしまいやすい。

 

足りてる感じで動いてると、選ぶ余裕があるんですね。これは、良さそうだけど、いまのわたしに本当に必要かなぁ?って。

 

時間もお金も、必要なときにはあるものだけど、自分にとって必要でないものに使うほど、無限ではないから。

 

今いるものもある。

今いらないものもある。

今いらなくても、あとから、いるなぁと思うものもある。そしてまた出会える。

 

足りてる感じで選ぶと、そんな、自分の選択を信じられる。

 

足りないから動いているのか、足りてないから動いているのか、その見極めは…いま、あなたがハッピーかどうかです☆