読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりがあつまって、みんなになる

福岡のイラスト作家あべしほのブログです。

今日のわたしにできることは、明日のわたしによりよいバトンを渡すこと。

最近ありがたいことにさまざまな出会いがあり、そしてさまざまな出来事があり、なんかとても人生が楽しい方向に進んでいるような気がしていてウキウキでございます。

 

ただ、その楽しい方向を止めているだろうと思われることがあるのです。

それは生活リズムがグデングデンなことです。

 

やりたいことと気持ちだけが浮き足立っていて、実際の生活がわけわからないことになっているのです。例えばウクレレを弾きながら本を読もうとしたりするような感じです。なにがやりたいねん。

 

そこで、これからの人生を50年と仮定しても、数ヶ月を生活リズムを整えることに費やしても損はないだろうと思い、そうすることにしました。

 

f:id:abesanlife:20150901211156j:plain

 

だからって何をするかというと、ただ毎日をきちっと過ごすことに集中してみようということです。

食べる、寝る、起きる、ということですね。

 

わたしは完璧主義なので、今日がうまくいかないと自棄になって明日もうまくいかなくなったりします。つまりは減点方式なのです。朝起きれないともうそれで嫌なのです。そして次の日も起きれなかったら、もう嫌で、それで、繰り返す…

 

そうではなくて、人生は1日1日の積み重ねであるから、今日のわたしにできることは、明日のわたしに対してもっともいい形でバトンを渡すことであります。今日朝起きれなかったから、じゃあ、明日のわたしがうまく起きられるようになんとかしようか。もっと早く寝る必要があるのか。いやいや、パソコンのしすぎ?食べすぎ?飲み過ぎ?ソルマック

 

もし次の日うまく起きれたら、じゃあ、今度はうまく食べられるように気を使ってみようか。食べるのが好きなわたしは食欲とうまく付き合うのが苦手でよく失敗してしまいますが…それでも、きちんと計画すれば大丈夫なハズだ。それでできなかったら、明日のわたしがうまいこと考えてくれるさ。

 

いろんなことを、やりたい、勉強したい、挑戦したい!って思うんですけど、今やっても一時の勢いで終わることは目に見えている(それでもいいこともあるけど)。生活リズムが整っていないから、新しいことを取り入れてもいっぱいいっぱいのなかに突っ込むかたちになるからだ。わたしは、これからやることは確実に自分の人生の一部にしていきたいから、整ったからだの上に、丁寧に積み上げていきたいのです。そして、今までもそう思っていたけど、そろそろ、本当に生活を整えないと、間に合わなくなるぞ、って感じている。

 

何も気にしないで(食べる、寝る、起きるなどの)生活できるようになったら、また変わる気がするんですよね。人生は短いけど、それでも日々を積み重ねることでしか人は変わらないのだ。

 

焦らず急ぐのだ。